成功するために押さえておこう!トイレリフォームで失敗しないためのポイントなどをご紹介

このサイトではトイレリフォームで成功するために押さえておきたいポイントをご紹介しています。
家を建ててから年数が経つにつれて気になる水回りの設備の老朽化。
当初は最新式だったものも、今となっては使い勝手が悪く機能も物足りなく感じてしまいます。
古いものから新しいものへと変えた後に、満足感は得られるのか、求めている理想の形が実現できているのか、後悔のないように事前に知っておきたい知識をわかりやすく解説します。

成功するために押さえておこう!トイレリフォームで失敗しないためのポイントなどをご紹介

トイレリフォームするときに忘れてしまいがちな床のリフォーム。
トイレは最新のものにしたけれど、床が以前のままでは、古さを感じたり汚れが残っていたりして仕上がりが今ひとつとなってしまいます。
床材にはフロアタイルやクッションフロア、フローリングなどがあり、床材によって費用や工期が異なります。
床の張り替えを同時に行いたい場合は、トイレ工事と一緒に張り替えを依頼したり、セットで行うとお得なサービスを利用すると良いでしょう。
満足のいくリフォームのためには、複数社の相見積もりをとり業者を見極めることもポイントです。

10年後を見越してしたいトイレリフォーム

トイレリフォームを行う時には、10年後にも快適に使えているように、先を見越してプランを考えるのがおすすめです。
この部分のリフォームは、一般的には10~15年に一度くらいの間隔で行う人が多いとされています。
つまり、一度リフォームをしたら10年位は買い替えずに使うことを想定して工事を利用している人が多いということです。
現在、家族に年齢を重ねた人がいる場合は、10年後には足腰が弱くなっていて、移動が大変になっているかもしれません。
そのため、便器を新しい物に取り替えるだけでなく、トイレの個室内に手すりを付けておくといったバリアフリーのための工事も一緒に利用しておくと、将来役に立つことが期待できます。
また、便器を新しくする時に気にしておきたいのは節水効果や掃除のしやすさです。
節水機能が付いている便器なら水道代が安くなることが望めるので、家計に良い影響が出るでしょう。
汚れにくい便器を選んでおけば、掃除に手間がかからず10年経っても清潔に使えていることが期待できるため、リフォームをする時には将来への影響も想定しておくのが成功のためのコツと言えます。

始めに決めたい予算とトイレリフォームをする範囲

永い間使用している建物は、老朽化や破損などにより修理が必要になることがあります。
家の中であまり意識はしていませんが、健康を維持管理する上で重要な場所はトイレであると言っても過言ではありません。
毎日最低でも何回か使用するもので家族構成が多ければそれだけ使用頻度も多くなります。
そのような重要な場所のトイレのリフォームは、予算もあることですが慎重にリフォーム工事を行った方が得策です。
まず、予算上、どこのどの部分を改修するのか、交換するのか、壁や電気と床などはどうするのか、という箇所を一つ一つ考えていくことが重要です。
昨今の設備は、とてもシンプルかつ高性能で小型化しており、便器についても色々な種類があるため選択に迷うこともあるかと思いますが、そこは専門家であるメーカーの担当者や営業マン、そして施工業者などの情報をもとに適切に冷静に分析することが大事です。
必要最小限の費用で最大の効果を発揮するには、手間暇を惜しんではなりません。

施工業者にしっかり伝えたいトイレリフォームの要望

トイレリフォームでは施工業者の選び方も重要ですが、自分たちの要望をどれだけ正確かつスムーズに伝えることができるのかという点も、忘れてはならない重要なポイントになります。
このポイントを理解しておかないと、いくら理想的な施工業者を選んだとしても、自分たちの要望や条件が十分にリフォームに反映されずに、結果的に後悔することにもなりかねません。
例えば予算が気になるのであれば、プロの施工業者に予算の懸念を伝えながら、予算の範囲内になるようにデザインや機能などの選択が必要になるでしょう。
またデザインにこだわるのであれば、和式と洋式との選択にはじまり、便器の素材やカラーあるいはタンクレスを含めたタイプの選択、そしてトイレ室内の床や壁のデザインなど、あらゆる部分を施工業者へしっかり伝えなければなりません。
さらに家族にお年寄りや体の不自由な方がいる場合には、バリアフリー化へ向けて、この分野に精通した施工業者と綿密な打ち合わせが求められます。

排水をスムーズにする傾斜を考慮したトイレリフォーム

便器内部は、複雑な構造をしているイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
しかし、内部構造はネットなどでみると分かりますが、それほど複雑なものではないことむしろ詰まりやすい構造をしているなどのように感じる人の方が多いといえます。
使い終えた後にタンクのレバーを回して水で流すことになりますが、タンク内にためてある水量は異物を排水に送り込むために必要な容量で、高い水圧を与えて押し流すことからも内部の排水路は狭い空間です。
そのため、長年使い続けているトイレは詰まりが起こりやすくなるのですが、リフォームをするときには傾斜を考えることで詰まりのトラブルが起こりにくくなるといいます。
これは便器から押し出された排泄物などが、排水溝に導かれるとき傾斜を利用することでその部分の流れがスムーズになるなどの意味を持つことです。
リフォーム業者を選ぶときには、経験および施工実績を豊富に持つ会社を選ぶことが大切です。

著者:十河政利

筆者プロフィール

福岡県富山市生まれ。
業者として数多くのトイレリフォームに携わる。
自分の経験からトイレリフォームのポイントをまとめました。
富山市でトイレのリフォームを